忍者ブログ
株・FX・CFDの監視銘柄通貨指数をスイングでリズム取りしながら、年利2割税引き2割の複利30年で1億円をめざします。
先生の最新DVD
最新CM
[01/21 相互リンクのお願いです。]
[11/17 相互リンクのご依頼]
[09/15 Referfprex.com]
[05/12 hikaku]
今日のナカツリ
株式

1975年以降の東証株式データ

ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

現在ドル円のFX口座は、セントルル短資を使っていますが、こちらは
高スワップ金利のFX会社として、スワップ金利のインカムゲイン投資
をする分には、バッチリですが、トレンドに応じて円買いも
バンバンする分には、高スワップが逆に不利になる場合もあります。

と言っても、自分のような小額売買では、ほとんど無視してもいい
レベルの話ですが、それでも多少なりとも条件のいいFX会社を
使いこなした方がいい、ということで、来年からドル円取引口座を
みんなのFXに移行する予定です。

みんなのFXで確実に有利になるのは、スプレッドです。
ドル円が、セントラル短資で2銭が、0.7銭となります。

自分の場合は、1ヶ月1回ほどの取引ペースですので、年間
往復24回で、2万通貨単位取引なら、セントラル短資のスプレッド2銭で9600円。
みんなのFXのスプレッド0.7銭なら、3360円。

来年は4万通貨取引単位としますので、この倍なら19200円と、6720円。
こうして見ると、結構な差になります。

スワップ金利は、ドル円の直近でセントラル短資がドル買い6円の
ドル売りが-9円。みんなのFXが、2円と-6円。
買いと売りを両方やる場合は、スワップ金利の額の問題よりも
買いと売りの金利差が少ない方がいいことに、今気づきました。

今年のように、ドル売りが多っかた年では、スワップのマイナス金利額が
少ない方が有利になりますが、買いと売りが半々なら、
みんなのFXの方が、スワップ金利のマイナスが大きくなります。

仮に、1取引10日として、売り買い年間6回づつとした場合、
セントラル短資なら、
(6円×10日×6回=360円)+(-9円×10日×6回=-540円)=-180円
4万通貨取引なら-720円。

みんなのFXなら、
(2円×10日×6回=120円)+(-6円×10日×6回=-360円)=-240円
4万通貨取引なら-960円。

ということで、自分の場合はスワップ金利は微々たるもので、
スプレッドが有利になるみんなのFX
移行で決めました。

あと楽しみなのは、SNSに登録して参加者の取引結果を見させてもらうこと。
ポジショントレードのうまい人の玉操作や譜を、参考にしたいところです。
そして、自分のトレードがどの程度に位置するのかも興味がありあり。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
恵笛 楠 (えふえ くす)
性別:
男性
自己紹介:
02年に株を始め
03年まで大負け。
04年にプロトレーダー
さんのもとに入塾。
基本が身に付き、徐々に成果を上げています。

FXは08年から始めました。
08年 
200.000円→
281.440円
09年 
600.000円→
720.563円
10年
800.000円→

当ブログでは、ドル円チャートの縦軸上方をドル高、縦軸下方をドル安で見ていますので、チャート上の高値安値・急落急騰等の表現は、すべてドルの値動きとします。



楽天市場

FX各社
TSUTAYA
カブドットコム証券
Copyright © 2008 トレード資金140万円を30年後、1億円にするためのブログ All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS