忍者ブログ
株・FX・CFDの監視銘柄通貨指数をスイングでリズム取りしながら、年利2割税引き2割の複利30年で1億円をめざします。
先生の最新DVD
最新CM
[01/21 相互リンクのお願いです。]
[11/17 相互リンクのご依頼]
[09/15 Referfprex.com]
[05/12 hikaku]
今日のナカツリ
株式

1975年以降の東証株式データ

ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

・トレンドライン 
4/27引け-10/7引け  下降トレンドライン  上抜け
10/12寄り-10/27寄り 下降トレンドライン  上抜け
         
・移動平均戦傾き 200DMA 横向き 上
          60DMA 上向き 上
          25DMA 上向き 上
          10DMA 上向き 上
           5DMA 上向き 上
          13WMA 上向き 上
          26WMA 横向き 上

・フォーメーション 日足 逆三尊 上昇フラッグ

・支持線  9700円 

・抵抗線  10000円 10251円

・新値   上方新値 7本 15本 
 酒田新値 陽線新値 6本  9本 

・信用倍率  2.85倍
・評価損益率 -14.57
      
・日柄 12日目 
PR
11/8にドル円裁量利確して、何とか利益を守れた。
ストップは10/8高値上で、そのままなら29銭利確の
ブレイクイーブンだった。7月安値割れの明らかな下降
トレンド入りして第一弾のトレードで、裁量ロスカットして
翌日から順行した。このとき、当初ロスストップまで仮に
待てたとしても、第二弾で薄利裁量利確したポイントで
下げ止まりと判断してしまうだろう。その場合1.5円。

今回は、自分の中ではかなり粘った。
ストップも当初ロスストップのままで、79円台史上最高
更新を利確目標にしていたおかげか、細かなストップの
切り下げをせず、10/27戻りで切れなかった。

この粘りというか、ストップの切り下げ具合が
値位置から言えば当然逆になる。
そういう意味で、せっかくの利幅が粘りすぎて
無くなるとかなり悔しい思いをするだろうと、
ギリギリで利確できた。

しかし、この値位置が高いとか低いとかは結果論でしかない
と思う。7月の安値割れも、一旦割り込んでそこが大底と
なって反発することもよくある。なるべく損失を少なくする
ための裁量ロスカットもしてしまいがち。

クロス円は仕掛けて取れそうな気配が全く無いので、
せめてドル円だけでも年間プラスにもっていきたい。
・トレンドライン 
4/27引け-10/7引け  下降トレンドライン  上抜け
10/12寄り-10/27寄り 下降トレンドライン  上抜け
         
・移動平均戦傾き 200DMA 下向き 下
          60DMA 上向き 上
          25DMA 上向き 上
          10DMA 上向き 上
           5DMA 上向き 上
          13WMA 上向き 上
          26WMA 下向き 上

・フォーメーション 日足 逆三尊

・支持線  9700円 

・抵抗線  10000円 10251円

・新値   上方新値  5本 13本 
 酒田新値 陽線新値 5本  8本 

・信用倍率  3.11倍
・評価損益率 -16.47
      
・日柄 7日目 48日目


ドル円の正確な手仕舞い位置を思い出せないので
仕掛けのブレイクを黒線、手仕舞いを黒丸にしてみた。

こうして見ると、できれば6月の保ち合い放れを取りたかった。
このときは、4・5月の高値が1年間のトレンドラインを上抜け
強く買い狙いだった。上向きの60DMAを超えて、6月高値上の
逆指しを置いていた。

何の材料だか全く忘れたが、5月初めの6円にもわたる
大きな足、これをノイズ扱いしすぎだと思う。
11月3月5月と安値を切り上げ、中期上昇トレンド継続=
売れない、だった。

この大きな足が4月安値を割り込んで、一応中期下降トレンドの
可能性有りで、上記の買い逆指しと、6月前半保ち合い下放れと
三角保ち合い下放れの売り逆指しと、両指ししてよかった。

最近トレードの時間が30分から1時間程度と、半減以下なので
こういうことになるんだろうな。。。

・トレンドライン 
10/12寄り-10/27寄り 下降トレンドライン  上抜け
         
・移動平均戦傾き 200DMA 下向き 下
          60DMA 下向き 上
          25DMA 下向き 下
          10DMA 横向き 上
           5DMA 下向き 上
          13WMA 下向き 下
          26WMA 下向き 下

・フォーメーション 日足 逆三尊

・支持線  9123円 

・抵抗線  9716円

・新値   下方新値  6本 (10/7起点)  
 酒田新値 陰線新値   5本 (同上) 

・信用倍率  3.43倍
・評価損益率 -15.92
      
・日柄 19日目(10/7起点)
 


 


農繁期も過ぎて月も新たに、平日毎日更新を復活させよう。
このブログを始めて、これだけの連敗期は初めてで、
これだけブログ更新をサボッったのも初めて。

昨年8月にブログから非公開の日誌に切り替えた1ケ月は
あったものの、ブログなり日誌なりトレードを考える時間が
極端に減って、それに比例して成績が伴わないとも考えられる。

書くことが無い時は、2.3行のつぶやきでもいいので更新して
トレードを考える時間を確保しよう。

まずは、譜を振り返り過去トレードを確認すること。
とういうのも、ドル円のチャートを見ていて、
仕掛けはすべてわかるものの、どこで手仕舞ったか
正確な位置が思い出せない。利確は裁量の余地を残している
こともあるが、ほとんど正確に言えないのもおかしい。

今日から気持ちを入れ替えてやるなりよ!!

 

豪ドル円の直近トレードは、10日前後の保ち合いの上と下に
逆指しを置いてそのままにしておいたところ、見事に
往復ビンタをくらうことになった。

ただ、下の逆指し約定分はてっきり、まだ生きているものと
一昨日ストップの切り下げ注文を出しにいったところで
切れていることに気付いた。9/30高値上のストップと
思っていたが、10/4高値上で設定していた。その差8銭。

今現在は23日の保ち合いから下放れ、一応上向きの
60DMAに支持され一旦下げ止まりか、短期の三角保ち合いが
更にどちらに放れるかだが、もし玉が生きていればトントン
ラインで、ストップの切り下げもして損失も抑えられたので
気分の悪いところ。

ただ、今回の連敗期は特に大きな失敗も無く、個々のトレード
としては、もちろん全く問題が無かったわけではないにしても
割り切れた感じだが、今回のトレードはまずいと思えてきた。

2点底ネックライン上抜け失敗の売りだが、中期上昇トレンド中の
売りは無しのはず。もちろん転換点ではまれば大きい。
手法を広げる新たな策で、柔軟な対応ができているつもりだったが、
連敗期にあれがダメだからコッチ、はまずい前触れかも。
しかも、そのまずさに、微塵も気づかない。
とはいえ、逆張りやオーバーシューティングも将来的にはありだ。

1ケ月休んで、流れを変えられるかと思ったが、なかなか。
ドル円の含みでまだ、プラススタートだが、今年は通貨の
年間プラスが厳しそうな状況になってきた。
取り組みの甘さ故というか、この何も考えていない文章を
ネットにさらすのが恥ずかしくなってきた。
年間プラスのささやかな実績が、緩和してくれていたわけだが
何とかそこをクリアしたい。


 

プロフィール
HN:
恵笛 楠 (えふえ くす)
性別:
男性
自己紹介:
02年に株を始め
03年まで大負け。
04年にプロトレーダー
さんのもとに入塾。
基本が身に付き、徐々に成果を上げています。

FXは08年から始めました。
08年 
200.000円→
281.440円
09年 
600.000円→
720.563円
10年
800.000円→

当ブログでは、ドル円チャートの縦軸上方をドル高、縦軸下方をドル安で見ていますので、チャート上の高値安値・急落急騰等の表現は、すべてドルの値動きとします。



楽天市場

FX各社
TSUTAYA
カブドットコム証券
Copyright © 2008 トレード資金140万円を30年後、1億円にするためのブログ All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS